カレンダーへジャンプ↓

記事一覧

楽団ケ・セラ 第16回定期演奏会

楽団ケ・セラ 第16回定期演奏会

ハンディを乗り越え音楽を通して自立を目指す若者たちのコンサートです♪
◆日 時:平成31年5月12日(日曜日)
     [開場]13:30
     [開演]14:00

◆会 場:松本市音楽文化ホール メインホール(松本市島内4351)

◆当日券:1,000円(中学生以下無料)
 前売券:[一般]800円 / [会員]500円

◆出 演:楽団ケ・セラ

◆演奏曲:U.S.A、ブラジル、亜麻色の髪の乙女、
     あなたに逢いたくて~Missing You~、行進曲≪威風堂々≫第1番、
     ほか

◇お問い合せ◇
NPO法人ケ・セラ TEL 0263-88-5616
E-mail music@npo-que-sera.org

【主催】NPO法人ケ・セラ
【後援】長野県教育委員会/松本市/松本市教育委員会/松本市社会福祉協議会
    信濃毎日新聞社/市民タイムス

【松本市音楽文化ホール】

このページのトップへ↑

チェルノブイリメモリアルディ2019 『モルゲン、明日』上映&監督トーク

問われているのは、私たちの現在。
Morgen,明日は私たち一人一人が作るのだ。

福島第一原発の事故から3ヶ月後の2011年6月、ドイツは2022年までにすべての原発を廃炉にすることを決めた。一方、当事国の日本では事故収束の糸口も見えないまま再稼働が始まり、原発輸出の話さえ出ている。両国の違いはどこからくるのだろう。答えを求めて「私」はドイツに向かった。
そこで出会ったのは、都市で、村で、学校で、教会で脱原発と自然エネルギーへ情熱を燃やし、実践する多くの人々。第二次世界大戦での自国の行いを深く反省し、1968年の学生運動をきっかけに芽生えた反原発・環境保護の意識と情熱を政治に反映し、次世代につなげようとしている彼らの姿は、世界は市民の手で変えられると教えてくれる。
初監督作品『花はどこへいった』以降、大国の犠牲となった人々を描き続けてきた坂田雅子監督が、権威を盲信せず、自分で考え、自ずから行動を起こし続けるドイツ市民の戦後の軌跡を辿る旅。

※Morgen(モルゲン)=「明日」を意味するドイツ語

◆日 時:4月21日(日) 13:30開始(13:00開場)

◆会 場:まつもと市民芸術館 小ホール(全席自由)
     ※会場には専用駐車場がございませんので公共交通機関もしくは近隣の
      駐車場をご利用ください。

◆参加費:前売り 1,000円
     当日  1,200円
     高校生以下無料

◆託 児:6名まで
     ※要事前申し込み。4月16日(火)締切。
      日本チェルノブイリ連帯基金までお申し込みください。

◆プレイガイド:日本チェルノブイリ連帯基金 TEL 0263-46-4218
        まつもと市民芸術館チケットカウンター(電話受付不可)

◆主 催:日本チェルノブイリ連帯基金

◆後 援:松本市、松本市教育委員会

◆問合せ:日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)
     松本市浅間温泉2-12-12
     TEL 0263-46-4218
     E-mail asama@jcf.ne.jp

■まつもと市民芸術館

このページのトップへ↑

上土劇場 ~華月の宴~

上土劇場 ~華月の宴~
素敵な街と人のPRイベント
地域住民に愛され、観光客にも愛される。
松本を代表するランドマーク劇場へ!!

地元で活動している市民団体やアーティストと、楽しい歌や踊りを参加者みんなで楽しもう!
地元作家による手作り体験ワークショップ。
キレイになれちゃうビューティー体験ブースもあるよ♪

◆開催日:2019年4月21日(日曜日)13:00~21:00
 ○劇場ステージ (13:00~20:30)
 ○フリースペース (13:00~20:30)

◆会 場:上土劇場(松本市大手4丁目7-2)

◆入場料:500円(※未就学児無料)
 ○前売り特典つきチケット 1,000円

◆その他:2019年4月1日~4月21日までの期間で、松本市内の飲食店にて“500円以上のお会計となるレシート”もしくは“チラシにお店のサインを貰って”ご来場すると、先着で素敵なオリジナル・リストバンドをプレゼント♪

※当日持ち込み大歓迎!

【主催】上土劇場~華月の宴~実行委員会
【お問合せ】地域コミュニティ Tsunagu-ツナグ-
      代表 大月智子
TEL:090-5219-9319
      E-mail:tsunagu.t.otsuki@gmail.com

【上土劇場】

このページのトップへ↑

H31年4月 塩尻市主催「ぱそこん基礎講座」

H31年4月 塩尻市主催「ぱそこん基礎講座」
会場:塩尻市民交流センターえんぱーく 2F ICTルーム

◇暮らしの文書~パワーポイントアルバム編~ 
 4月15日 午前10時~正午
 受講料600円 テキスト代150円
◇文字入力の基本 
 4月23日・25日・26日 午前10時~正午
 受講料1,800円 テキスト代450円

(ICTルームでは Windows 10、Office2013を使用します)

◆申し込み方法 ※託児(有料)を希望する場合は、事前にご相談ください。
 はがきまたはEメールで、講座名・郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・Eメール
 アドレスをご記入の上、講座名には開催月を明記してお申し込みください。

◆申込先
 塩尻市市民交流センター 交流支援課
 〒399-0736 塩尻市大門一番町12番2号 Eメール:kouryu@city.shiojiri.lg.jp

◆講座企画・運営 NPO法人 グループHIYOKO
 TEL/FAX:0263-54-7226(平日9:30~16:00)
 講座日程:http://www.ghiyoko.net/lesson_sch.html

◆お問い合わせ先
 【主催】
  塩尻市市民交流センター交流支援課
  TEL:0263-53-3350(平日9:00~19:00 土日祝9:00~17:00 水曜休館)

■塩尻市民交流センターえんぱーく

このページのトップへ↑

みらいのこどもたちの命を守るために『人にとって住みよい環境とは?』

愛称コウノトリの会 2019年総会記念講演会

長野県では、松枯れの原因は「松くい虫」であるとして、毎年農薬の空中散布を行っています。
しかし、防除効果は見られず、松枯れ被害は増加の一途です。
反面、農薬の空中散布で心配なこともいろいろ出てきています。
生物多様性って、何?「ダイバーシティー」って、どういうこと??
ミツバチが絶滅すると、植物が育たなくなるって本当??
1962年に出版された『沈黙の春』(レイチェル・カーソン著)が、現実になりそう??
農薬空中散布で、家の近くの昆虫、鳥が少なくなっているって、本当?
昆虫学の専門家から、そんな疑問に答える素晴らしいお話をお聞きします。

◆日 時:4月13日(土) 13:30~16:00(13:00開場)

◆会 場:松本市市民活動サポートセンター
     (松本市大手3-8-13、TEL 0263-88-2988)

◆参加費:無料

◆講 師:信州大学名誉教授 藤山 静雄 先生
     松本ホタル学(まなぶ)会代表
     ホタルを増やす事が直接自然環境を良くするかと言うと必ずしもそうでは
     ありません。ホタルが育つことのできる草むらや水辺、そこで暮らす小さな
     生きものの多様性が保たれた結果として、ホタルが戻ってくるのです。

◆主 催:愛称コウノトリの会

◆共 催:長野県健康生きがいづくりアドバイザー協議会中信支部

◆問合せ・申込先:上記協議会中信支部事務局 青木(090-4838-6576)
         愛称コウノトリの会事務局 池田(090-9294-5003)

※駐車場:松本市役所駐車場をご利用ください。駐車券をサポートセンターで押印
     すれば無料になります。

■松本市市民活動サポートセンター

このページのトップへ↑

わおん♪自然探検隊

「あそびの達人」
2010年から長野県塩尻市の小曽部で活動をしている、わおん♪自然探検隊。
小学3年生から中学生までが参加しています。
今年は、リピーター21人に加え、新しく10人が参加して、森の中で自由に思いっきりあそびました!

【2019年度の予定】

◆時 間:集合10:30、解散15:00

◆会 場:長野県塩尻市洗馬 小曽部地域で活動予定

◆対 象:小学3年生~中学3年生

◆定 員:先着20名(初めて参加する人)

◆日 程
 ①4月13日(土) 入隊式
  参加費 1,500円

 ②5月11日(土)、12日(日) 春のキャンプ
  参加費 9,000円

 ③6月8日(土) 外あそびの達人になろう①
  参加費 1,500円

 ④7月13日(土) 外あそびの達人になろう②
  参加費 1,500円

 ⑤8月2日(金)~4日(日) 夏のキャンプ
  参加費 15,000円

 ⑥9月7日(土) ひみつ基地であそぼう
  参加費 1,500円

 ⑦11月9日(土)、10日(日) 秋のキャンプ
  参加費 9,000円

 ⑧12月21日(土) 里山のクリスマス会
  参加費 1,500円

 ⑨2020年1月18日(土) 冬の森であそぼう
  参加費 1,500円

 ※詳細は決まり次第、ブログでご案内いたします。
 ※申込受付は2月9日(土)より開始!!

◆主 催:特定非営利活動法人わおん

◆後 援:塩尻市、塩尻市教育委員会

◆問い合せ:特定非営利活動法人わおん
 〒399-0704 長野県塩尻市広丘郷原685
 TEL 0263-87-3005 FAX 0263-87-4024
 E-mail waon@ac.auone-net.jp
URL http://npowaon.com

このページのトップへ↑

Workers 被災地に起つ

地域の底から、社会をつくる

そこに困った人あれば、笑顔になれる場をつくる。
悩む人あれば、思いをひとつに共に汗を流す。
支えたいと思っていたら、いつの間にか支えられていた。
「ひとり一人の願い」をカタチにする新しい働き方!?

◆日 時:4月7日(日) ①10:30~、②13:30~

◆会 場:松本市中央公民館(Mウイング) 6階ホール

◆入 場:【前売券】1,000円
     【当日券】一般1,500円 / 大・高生1,000円

◆内 容:『Workers 被災地に起つ』上映
     森康行監督トーク

◆主 催:NPO松本CINEMAセレクト
     TEL 0263-98-4928
     http//www.cinema-select.com

◆上映協力:映画「ワーカーズ」を観る会
      TEL 0263-31-0733
E-mail info@roukyou-nagano.jp

■松本市中央公民館(Mウイング)

このページのトップへ↑

「子どもがふみだす ふくしま復興体験応援事業」福島の高校生が語る東日本大震災とドイツで学んだ再生可能エネルギー

「子どもがふみだす ふくしま復興体験応援事業」
 福島の高校生が語る東日本大震災とドイツで学んだ再生可能エネルギー

アースウォーカーズでは、福島の高校生をドイツに派遣する「福島を伝え、再生可能エネルギーを学ぶ」福島ドイツ高校生交流プロジェクトを開催しています。高校生の冬休みに宮崎で報告会を開催します。福島の実情とドイツで学んだ、彼らの生の声を、ぜひ、聞いてください。

◆日時:3月30日(土)13:00~

◆場所:松本市民活動サポートセンター

◆参加費:500円(資料代協力金)

◆報告者:小玉 直也(アースウォーカーズ代表)
     真船 日向子(松本県ヶ丘高校 2年)
     石田 あみ(日大東北高校 1年)
     吾妻 凌(福島南高校 2年)

◆主催:アースウォーカーズ

◆共催:まつもと子ども留学基金

◆協力:福島県教育委員会

◆問い合わせ先:アースウォーカーズ(小玉)090-8301-1123
       まつもと子ども留学基金(間宮)090-2944-5954

◆松本市民活動サポートセンター

このページのトップへ↑

プラチナサロン 4月

◆日時:2019年 4月11日(木)
    ■10:00~12:00
    「スポーツ吹矢体験」
    講師:松本市スポーツウエルネス吹矢協会

    ■13:00~15:00
    「お茶を飲みながらの交流会」

◆会場:市民活動サポートセンター

◆参加費:300円(お茶代)
※午前・午後通しで参加される場合は、昼食をお持ちください。

◆主催:プラチナサポーターズ松本
    松本市市民活動サポートセンター

■市民活動サポートセンター

このページのトップへ↑

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ