カレンダーへジャンプ↓

記事一覧

福島から伝えたいこと

2011年3月11日の東日本大震災の惨事を高校生はどう受け止めていたか。その後の心の変遷を福島県相馬高校放送局の生徒たちが製作した番組フィルムを見ながらたどる。
未来に向けて開放されていく部分、消えない記憶、福島の現状を考える。

◆日 時:2019年2月24日(日) 13:00~

◆会 場:松本市勤労者福祉センター(大会議室)
     ※駐車場が少ないため、なるべく公共交通機関をご利用ください。

◆参 加:申込不要。入場無料。

◆講 師:渡部 義弘 氏 (福島県立高校教諭)
     【アシスタント】元相馬高校放送局の生徒さん

◆スケジュール
  13:00~15:00 講演と上映
          【上映作品】(予定)
           「今伝えたいこと(仮)」
           「相馬高校から未来へ」
           「ちゃんと伝える」
           「みなみ吹く風」(若松丈太郎作、生徒朗読)
           「野馬追、その心」 他 
  15:10~16:00 交流会
          渡部氏、元放送局所属の生徒さんと交流します。

◆託 児:未満児のみ・託児料無料
     ※託児の申込みの際は、お子さんの名前、年齢をお知らせください。

◆託児申込み:要申込(2月17日(日)締切)
       伊藤麻里 090-9806-5086(Cメールでも可)

◆主 催:松本市

◆主 管:まつもと震災支援ネット

◆講演会・交流会の問い合せ
 松本市市民活動サポートセンター  TEL 0263-88-2988
 まつもと震災支援ネット・伊藤麻里 TEL 090-9806-5086

■松本市勤労者福祉センター

このページのトップへ↑