カレンダーへジャンプ↓

記事一覧

チェルノブイリ・フクシマ ~原発事故被災者と心をつなぐ~

日本がまだ昭和だったころ、旧ソ連(現在ウクライナ)で起きたチェルノブイリ原発事故。
世界最悪の原発事故により移住を余儀なくされたボウクンさん。
そして、原発事故の被災者たちを支援しているドンチェヴァさん。
ソ連崩壊、ウクライナ国独立、経済破綻、戦争…待ち受けるさまざまな困難な時代を、たくましくそしてしなやかに生きてきた女性たちのお話です。
福島第一原発事故を経験した私たちに寄せるメッセージは、教訓満載です!

◆日時:2018年2月14日(水) 13時~15時

◆場所:日本チェルノブイリ連帯基金事務局
    (松本市浅間温泉2-12-12)

◆お話:カルティナ・ボウクンさん
    1955年生まれ。チェルノブイリ原発経理に在職中、原発事故が起きる。事故
    後、夫と4歳の娘とともに原発労働者の町プリピャチからジトーミル市に移
    住。現在年金生活者。

    イェヴゲーニヤ・ドンチェヴァさん
    1968年生まれ。「チェルノブイリの人質たち」基金理事。会計係。

◆参加費:無料

◆問い合せ:電話 0263-46-4218  FAX 0263-48-6229
      E-mail asama@jcf.ne.jp

■日本チェルノブイリ連帯基金

このページのトップへ↑

平成29年度NPO運営セミナー 認定・特例認定セミナー

 長野県では、認定又は特例認定NPO法人を目指すNPO法人の方々等を対象に、制度概要や申請手続き等についてご案内するセミナーを開催します。
 法人設立から5年以内の法人も一定の条件を満たせば特例認定を受けることができます。認定・特例認定制度に興味がある方、認定取得を目指すNPOの方々は、ぜひこの機会をご活用ください!

◆日 時:平成30年2月14日 (水) 13:00~16:15

◆場 所:長野県北信消費生活センター教室 (長野市大字中御所字岡田98-1)

◆定 員:30名 (申込先着順)

◆参加費:無料

◆持ち物:筆記用具

◆申込方法:申込書によりFAX、メール又は郵送にてお申込みください

◆申込期限:平成30年2月7日 (水)

《内容》
 ○認定制度の概要・申請方法の説明 13:00~15:00
 【講師】認定特定非営利活動法人 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
     代表理事 関口 宏聡 氏

 ○認定NPO法人 実例紹介・意見交換 15:15~16:15
 【講師】認定特定非営利活動法人 長野サマライズ・センター
     事務局長 小笠原 恵美子 氏

※NPO法人の設立認証に関するセミナーではありませんのでご注意ください。

【お申し込み・お問い合わせ先】
長野県 県民文化部 県民協働課 協働・NPO係
TEL:026-235-7189(直通) FAX:026-235-7258
E-mail:kyodo-npo@pref.nagano.lg.jp
郵送:〒380-8570(県庁専用番号のため住所記載不要)
   長野県 県民文化部 県民協働課 宛て

□長野県北信消費生活センター

  

このページのトップへ↑

第7回 げんすけ祭り

第7回 げんすけ祭り
地域で活躍するいろんな人が 楽しいブースを出してくれるよ~

【開催日時】2月11日 午前10時~15時
【開催場所】塩尻市市民交流センター えんぱーく3階 市民サロンにて
【時間限定】10:30~ビンゴ大会①
      12:00~大抽選会①
      13:00~ビンゴ大会②
      14:45~大抽選会②
他にも楽しい企画がいっぱい!
※げんすけ祭りは、げんすけの誕生日をみんなでお祝いする年に1度のお祭りです。

【主催】NPO法人わおん♪
(TEL) 0263-87-3005
(E-mail) waon@ac.auone-net.jp
(HomePage) http://npowaon.com

【後援】塩尻市、塩尻市教育委員会

このページのトップへ↑

SDGsを知って今始めよう!100年先のナガノのために

 アナタの活動は世界へつながっている
 県下初、地域課題とNPOをつなぐポータルサイト「ナガグル」が3月1日にいよいよオープンします!
 地域の課題とアナタの活動が、世界にどうつながっているのか?
 SDGs(国連の持続可能な開発目標)に賛同し行動する市民活動家を招いて持続可能な社会を考えます。また、長野のNPOが自分たちの活動のゴールを発表!参加者全員が自身の活動を見直します。
 100年先の長野のために、集まったNPOの仲間とともに、大海へ漕ぎ出す歴史的な時間となるでしょう!

◆日 時:2月10日(土) 13:30~16:30
◆場 所:長野市もんぜんぷら座304

◆ゲスト:SDGs市民社会ネットワーク理事 星野 智子さん
◆モデレーター:吉野 真佐代さん
        (CANPANサイト講師 ウェブ・ブランディングアドバイザー)

◆スケジュール:
 13:30~ 開会・ゲスト紹介 
 13:40~ ゲスト星野さん講義「SDGsを知って、行動をおこそう!」
 14:20~ 6団体(予定)によるプレゼン『私たちのゴールとは?』
 15:10~ グループワーク「自分たちの活動をSDGsに見つけよう」
 15:50~ 共有・ゲストとの意見交換
 16:10~ ナガグルの全容を発表!助成団体から応援メッセージ(予定)
 16:30~ 閉会

◆参加費:無料
◆定 員:50人
◆対 象:地域課題を解決することを目標とした公益的活動団体
     (NPO法人、任意団体、公益団体、社会福祉法人、
     企業の社会貢献事業部門、ボランティアグループなど)
◆用意するもの:名刺・団体の案内パンフレット

【申し込み・お問い合わせ】
NPO法人長野県NPOセンター
TEL:026-269-0015 FAX:026-269-0016
E-mail:info@npo-nagano.org

共催:市民協働サポートセンターまんまる
協力:特定非営利活動法人CANPAN

□もんぜんぷら座

このページのトップへ↑

平成29年度「NPO法人設立講座(県庁会場)」を開催します

 NPO法人を立ち上げたい!設立の手順は?どんな活動だと認められるの?
そんな疑問にお答えします!市民活動をこれから始めようと考えている方などお気軽にご相談下さい。

◆対象者:NPO法人を立ち上げて社会貢献活動をしたい方

◆会 場:長野県北信消費生活センター談話室1
     長野市中御所岡田98-1(長野保健福祉事務所庁舎1階)

◆日 程:毎月第2木曜日 13:30~15:30
     ※受講の申し込みが無い場合は、開催しませんのでご了承ください。

◆講座内容:
 ○偶数月(平成29年6/8・8/10・10/12・12/14・平成30年2/8)
  13:30~15:00 
  NPO法人とは(設立要件、法人格取得のメリット・デメリット、責務など)
  講師:中間支援組織派遣職員(特定非営利活動法人長野県NPOセンター)
  15:00~15:30 個別相談(事前申し込み要)
  講師:中間支援組織派遣職員・県民協働課職員

 ○奇数月(平成29年7/13・9/14・11/9・平成30年1/11・3/8)
  13:30~15:00 NPO法人の設立手順(申請書類の作成方法紹介)
  15:00~15:30 個別相談(事前申し込み要)
  講師:県民協働課職員
 ※講座開始時間までに会場にお越しください。また、障がいをお持ちの方で
  受講に当たり配慮を必要とされる方はあらかじめその旨をお申し出ください。

◆申込方法:「NPO法人設立講座(県庁会場)受講申込書」により県民協働課へFAX、電話またはメールでお申し込みください。また、個別相談を希望される方は、相談内容をご記入の上、お申込みください。
      
◆申込期限:各開催日前週の金曜日17時まで

◆お申込み・お問い合わせ◆
〒380-8570 長野市大字南長野字幅下692-2 県庁東庁舎1階
長野県県民文化部 県民協働課 協働・NPO係 神田一郎(課長)池田知穂(担当)
電話(直通)026-235-7189 FAX 026-235-7258
電子メール kyodo-npo@pref.nagano.lg.jp

■長野県北信消費生活センター

このページのトップへ↑

H30年2月 塩尻市主催「ぱそこん基礎講座」

H30年2月 塩尻市主催「ぱそこん基礎講座」
会場:塩尻市民交流センターえんぱーく 2F ICTルーム

役員さんお助け講座~連絡網編~ 2月2日 午前10時~正午
 受講料400円 テキスト代100円
Excel2013前半 2月5日・6日・8日・9日 午前10時~正午
 受講料1,600円 テキスト代2,160円
役員さんお助け講座~お知らせ文書編~ 2月13日 午前10時~正午
 受講料400円 テキスト代100円
役員さんお助け講座~会計報告編~ 2月15日・16日 午前10時~正午
 受講料800円 テキスト代200円
Excel2013後半 2月19日・20日・22日・23日 午前10時~正午
 受講料1,600円 テキスト代2,160円
はじめてのインターネット 2月26日・27日 午前10時~正午
 受講料800円 テキスト代200円

(ICTルームでは Windows 10、Office2013を使用します)

◆申し込み方法 ※託児(有料)を希望する場合は、事前にご相談ください。
 はがきまたはEメールで、講座名・郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・Eメールアドレスをご記入の上、講座名には開催月を明記してお申し込みください。

◆申込先
 特定非営利活動法人 グループHIYOKO
 〒399-0737 塩尻市大門八番町4番1号 Eメール:pchiyoko@ghiyoko.net

◆お問い合わせ先
 【主催】
  塩尻市市民交流センター交流支援課
  TEL:0263-53-3350(平日9:00~19:00 土日祝9:00~17:00 水曜休館)

◆講座企画・運営 NPO法人 グループHIYOKO
 TEL/FAX:0263-54-7226(平日9:30~16:00)
 講座日程:http://www.ghiyoko.net/lesson_sch.html

■塩尻市民交流センターえんぱーく

このページのトップへ↑

市民活動の始め方・広げ方講座

「何かやってみたいけれど、どう始めたらいいかわからない」「始めたのはいいけれど、なかなか活動が広がらない」という方はいませんか。女性ならではの視点から、住民や自治体を巻き込んで食器リサイクルを県下各地に広めた取組みを通じて、市民活動の始め方・広げ方を学びます。   

◆講 師:織田 ふじ子さん

◆日 時:1月30日(火)10:00~11:30

◆会 場:パレア松本 ネットワーク室(Mウイング3階)

◆対 象:一般

◆定 員:30人

◆受講料:無料

◆持ち物:筆記用具

◆託 児:1歳以上未就学児・定員10人(託児料1人につき300円)

◆申込み:下記の電話、メール、FAXにてお申込みください。
     託児希望の方はお子さんの名前・性別・年齢をあわせて
     1月23日(火)までにご連絡ください。

◆主 催:松本市総務部人権・男女共生課(パレア松本 女性センター)
     〒390-0811 松本市中央1-18-1(伊勢町通り)
     ℡:0263-39-1105 FAX:37-1153 
     E-mail:kyousei@city.matsumoto.lg.jp

 ※パレア松本 女性センターには専用駐車場がございません。
  近隣有料駐車場をご利用ください。

■パレア松本(Ⅿウイング)

このページのトップへ↑

ケア集団ハートビート主催 連続講座3                 看取りと死別と支えあい                        ~地域で健やかに暮らし続けるために~

大切な人を看取ること。大切な人と死別すること。こうした体験は、私たちに大きな困難をもたらします。それでも、住み慣れたこの地域で健やかに暮らしつづけるには、どうすればよいのでしょうか。
ケア集団ハートビートは、地域の人びとによる支えあいが大切だと考えます。2015年度から始まったこの連続講座(全3回)では、信州内外で看取りや死別にかかわる活動や研究をしている方にお話をうかがい、地域での支えあいについて考えます。

◆日 時・内容:第1回2018年1月27日(土) 午後1時00分~3時00分
         上田・生と死を考える会の活動(仮)
         小高康正さん、横関祐子さん、森川めぐみさん
                  (上田・生と死を考える会)
        第2回2018年2月6日(火) 午後6時00分~8時00分
         終活を中心としたグリーフサポート(仮)
         山﨑美幸さん(長野エーコープサプライ)

        第3回2018年2月17日(土) 午後1時00分~3時00分
         大切な人と共に生きる~再び会える時まで~
         竹内香さん
         (がん患者の家族と遺族のためのサロン「ふらっと」)

◆場 所:東昌寺(松本市白板1-1-2)⇒第1回・3回
     松本市市民活動サポートセンター(松本市大手3-8-13)⇒第2回
     ※駐車場は近隣の市営駐車場などをご利用ください。
◆費 用:費用参加費1回1,000円(全3回参加で3,000円)
◆定 員:30名
◆参加申込:参加申込メールかファックスでお申込みください。
     ①氏名、②住所、③連絡先(メールアドレス、電話番号など)をお知らせください。
      ※全3回出席された方には、終了証を発行します。
◆申込・問合せ:メール hbshinshu@gmail.com
        FAX/TEL:0263-37-2369(信州大学山崎浩司研究室)
        ※なるべくメールかFAXでお願いします。

■東昌寺(松本市白板1-1-2)

■松本市市民活動サポートセンター(松本市大手3-8-13)

このページのトップへ↑

チェルノブイリ原発事故から31年のウクライナを訪ねて

 原発労働者の町プリピャチから避難した人々は今どうしているのでしょう。
 新しいシェルターに覆われたチェルノブイリ原発はどうなっているのでしょう。
 「100年間の安全を保証した」と言われるシェルターとは?

 2017年10月にウクライナを訪問した原富男さんから、お話を聞きます。

◆日 時:1月27日(土)午前10:30~

◆場 所:Mウィング 3-B

◆報告者:原 富男(チェルノブイリ救援中部)

◆資料代:500円

◆主 催:日本チェルノブイリ連帯基金(0263-46-4218)
     みどり信州(0263-27-4020村井)

■Mウィング

このページのトップへ↑

平成29年度 「高齢者サポーター養成講座」

~みんなでつくろう ともに生きる地域の心を~

 身近な高齢者の生活を支えるために必要な知識や技術を学び、それぞれの地域で活動できる人材を育成する講座を開催します。
 地域での支え合いの体制をつくるために、多くのみなさんのご協力が必要です。
 この機会に、ぜひ、ご参加ください。

◆ 日 時:5月26日、6月23日、7月28日、8月25日、9月22日、10月27日、
      11月24日、12月22日1月26日 各13:30~15:30
      2月23日 13:30~16:00

◆ 会 場:梓川老人福祉センター大会議室

◆ 対象者:市内にお住いの方で、地域のささえあい活動にご理解ご協力いただける方。
      ※但し、平成28年度修了者は受講できません。

◆ 募集人数:100名(先着)

◆ 参加費:1,000円(テキスト代)

◆ 申込期間:平成29年4月3日(月)~4月28日(金)

◆ 申込方法:社会福祉協議会 地域福祉課へ
       電話または直接お申込みください。
       松本市双葉4-16 電話25-7345、27-3381、25-7311
                     
◆ その他:受講決定者には別途詳細をお送りします。

詳しくはチラシをご覧ください。チラシは松本市民活動サポートセンターにあります。

■梓川老人福祉センター

このページのトップへ↑

ページ移動