カレンダーへジャンプ↓

記事一覧

地域を守る砂防の歴史を未来へつなぐ 牛伏川階段工完成百周年 現地見学及びシンポジウム

地域を守る砂防の歴史を未来へつなぐ 牛伏川階段工完成百周年 現地見学会及びシンポジウム

現地見学会
◆日 時:2018年10月18日(木) 13時00分~16時30分
(この見学会は、牛伏川砂防について現地で、見学と意見交換を行う催しです)
・松本駅集合 12:00/バスで牛伏川へ向かいます。(松本駅アルプス口、エレベータ横)
・現地集合  13:00/牛伏川 連岳橋駐車場
・見学    牛伏川階段工、内務省石積堰堤 上流砂防施設
・終了    16:30/バスで松本駅、交流会場まで現地から移動します。

参加者交流会
◆日 時:2018年10月18日(木)18時00分~21時00分
◆会 場:翠香園 松本店(予定) 松本市深志2-3-7 松本食文化会館4~5F
 TEL:050-3476-4826
◆参加費:1人5,000円(申込者には支払先等をお知らせします)

シンポジウム(事例発表及び意見交換会)
◆日 時:2018年10月19日(金)9時00分~12時30分
◆会 場:松本市Mウィング(中央公民館) 松本市中央1丁目18-1
◆講 演:「文化財として評価された牛伏川階段工」後藤 芳孝(松本市文化財審議委員)
 事例発表:「地域を守ってきた砂防の歴史と技術」
 ・別所砂留め、アカタン砂防、長野県内の石積砂防事例、その他発表希望者は申込み可能
 意見交換:コーディネーター 田下 昌志さん(長野県砂防課長) ※依頼中

県民講演会
◆日 時:2018年10月19日(金)13時15分~16時30分
◆会 場:松本市Mウィング(中央公民館)
◆講 演:『災害と伝承』 長野県立歴史館 館長 笹本正治 氏
◆朗読劇:『鶺鴒(せきれい)の女(ひと)』 雪華(ゆきげ)の会(作:瓜生 喬)

(詳しくは記念行事の案内チラシを参考にしてください)
※以上のプログラムには、(一社)建設コンサルタンツ協会認定のCPDが付与されます。

◆参加申込◆
参加申込は、郵送またはメールにてお申込みください。詳細や内容は記載のホームページをご覧ください。
*見学会・シンポジウム・県民講演会は参加無料です。但しシンポジウム資料代有料。(後日お知らせ)
*見学会・交流会への参加には事前申し込みが必要です。交流会費は原則事前納入です。

◆お申込み(問合せ)◆
土木・環境しなの技術支援センター
http://www.ne.jp/asahi/tac/shinano/index.html
メール yama3417@mx2.avis.ne.jp
郵送先 〒388-8011 長野市篠ノ井布施五明341-7

◆主 催:牛伏川階段工完成100周年記念実行委員会
    (国土交通省松本砂防事務所、長野県、松本市内田地区町会連合会、内田公民
     館、牛伏鉢伏友の会、長野県砂防ボランティア協会、土木・環境しなの技術
     支援センター)
◆共 催:長野県治水砂防協会、(一財)砂防フロンティア整備推進機構、(一社)建
     設コンサルタンツ協会関東支部長野地域委員会
◆後 援:(公社)土木学会中部支部、(公社)砂防学会信越支部、(公社)地盤工学
     会、(申請中)(一社)長野県建設業協会、(一社)長野県測量設計業協会、
     (一社)斜面防災対策技術協会長野支部、長野県地質ボーリング業協会、
     信濃毎日新聞社(株)、市民タイムス、(株)長野日報社、日本放送協会
     長野放送局、SBC信越放送、abn長野朝日放送、(株)テレビ信州、NBS長
     野放送、(株)テレビ松本、FM長野

このページのトップへ↑

第7回 リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018信州まつもと

地域でつながるがん征圧・がん患者支援のための24時間チャリティーイベント
2018テーマ “connect”~あなたはなにとつながりたいですか?~

◇リレー・フォー・ライフとは…
 がんサバイバー(がん経験者)、ケアギバー(ご家族、ご遺族、支援者の皆さん)を
 讃え、地域全体でがんと向き合い、そしてがん征圧を目指す、年間を通じて取り組む
 チャリティ活動です。

◆日 時:2018年9月8日(土)開会 12:00
       ~9月9日(日)閉会 12:00

◆会 場:やまびこドーム(信州スカイパーク内)

◆イベント当日の流れ
 1日目(昼)開会式~サバイバーズラップ → (夜)ルミナリエセレモニー
 2日目(夜明け)夜通しウォーク → (昼)~閉会式

◆内 容:
 ○学ぼう! パネル展示やセミナーを通じてがんについて一緒に学びましょう
 ○歩こう! がん闘病中のひと、そのご家族、がんで亡くなったひと
       様々な思いをつないで24時間歩きましょう
 ○語ろう! がん教育・がん体験についてみんなで語り合いましょう

◆主 催:公益財団法人日本対がん協会
     リレー・フォー・ライフ・ジャパン信州まつもと実行委員会

◆問合先:〒390-0851 松本市島内5002-10

◆事務局:TEL/FAX 0263-47-7341
メール rfl_matsumoto@yahoo.co.jp

◆公式HP:http://relayforlife.jp/shinshu_matsumoto/

◆後 援:厚生労働省ほか

■やまびこドーム

このページのトップへ↑

朗読劇「線量計が鳴る」 元・原発技術者のモノローグ

原発事故の本質を知り、声をあげて

 私くらいの年齢になると、予告なしに体調不良に襲われ、そのままサヨナラということは充分ありうる。表現者にとっては、その時やっている仕事が、結局はライフワークだったということになりかねない。
 となれば、貴重な残り時間を、くだらぬことで無駄にしたくない。私にとって、やりたいテーマはいくつもあるが、優先順位をつけざるを得ない。
 71歳になった年、福島の原発事故が起きた。エコロジストを自認する人間が、この問題からにげるわけにはゆかない。しかも小中学校といわき市で過ごした因縁もある。とはいえ、原発事故は複雑で、多極的だ。福島に通ったり、チェルノブイリに行ったり、資料集めに走りまわっているうちに、どんどん時が過ぎてしまった。
 やっと1幕4場の作品になったのは、昨年の秋だったこの朗読劇は啓蒙演劇というジャンルに入る。情感に訴えて感情を揺さぶるのではなく、問題を指摘し観客を覚醒させ、新しい視野を提供する
 すでに、東京都、甲府市、熊本市、徳島市、いわき市、広島市など、15都市で上演された。このあとも全国各地で上演が予定されている。命あっての話だが、100回ぐらいはやる覚悟でいる。この舞台が、原発問題の本質を知り、1人1人が考えるきっかけになれば、と思う。
                                 中村 敦夫
                             (2017年秋・筆)

◇脚本・主演  中村 敦夫プロフィール
 1940年東京生まれ。小・中学校時代をいわきで過ごす。磐城高校に入学したが、半年後に都立新宿高校に転校。東京外国語大学を中退して俳優の道へ進み、1972年放映の「木枯らし紋次郎」が空前のブームに。過去にニュースキャスターや参議院議員なども務め、作家としても活動している。主な著書に小説『チェンマイの首』、同志社大学講義録『簡素なる国』など。2015年NHK連続テレビ小説『まれ』に出演。

◆日 時:2018年9月2日(日) 13:30開場 14:00開演

◆会 場:まつもと市民芸術館小ホール(松本市深志3丁目10番1号)
     ※併設の駐車場はありませんので、公共交通機関または有料駐車場をご利用
      ください。

◆全自由席:前売2,000円
      当日2,500円
      大学・高校生1000円
      小中学生無料

◆チケット取扱:市民芸術館、八百屋おやおや、穂高ひつじや
        平安堂(あづみ野/若槻/上田しおだ野/諏訪/伊那/飯田)店 他

◆主 催:「サラバ原発・変えよう暮らし方」の会
◆共 催:脱原発ネットワーク・松本
◆協 賛:日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)
◆協 力:平和の種をまく会
◆後 援:松本市/松本市教育委員会/信濃毎日新聞社/市民タイムス
     中日新聞社/朝日新聞松本支局

◆問合せ・予約先:090-4628-8549(水谷)
         080-5141-0141(小林)

■まつもと市民芸術館

このページのトップへ↑

100年を迎えた地域の宝 牛伏川階段工 100周年記念現地見学会

100年を迎えた地域の宝 牛伏川階段工 100周年記念現地見学会

第2回 見学会&整備活動
◆日 時:2018年9月2日(日) 9時00分~11時30分

◆場 所:牛伏川現地(連岳橋駐車場)です。
※牛伏寺の入り口から折れてもう少し奥へ向かってください。

*地域の宝、重要文化財の保全活動にご協力ください。
*現地の整備活動(草刈り)を行い、その後、階段工などの見学をします。
 鎌があればご持参ください。 お茶を用意します。
※軽装、運動靴(長靴)、雨具持参でお願いします。(雨天決行)

<プレゼントを用意します(予定)>
○牛伏川砂防カード
○オリジナル缶バッチ
をゲットしよう。

◆参加ご希望の方は
①お名前、②連絡先(電話かメール等)、③人数、を下記のいずれかにお知らせください。
【申し込み先】
・松本建設事務所整備課整備第一係:0263-40-1967(松本合同庁舎内)
・松本市役所建設総務課:代表 0263-34-3000
・松本市内田公民館:0263-58-2494

【主催】牛伏川階段工完成100周年記念実行委員会(国土交通省松本砂防事務所、長野県、松本市、松本市内田地区町会連合会、内田公民館、牛伏鉢伏友の会、長野県砂防ボランティア協会、土木・環境しなの技術支援センター)

このページのトップへ↑

医療者とふれあう健康講座 「まんまる◎広場」

★平成30年度長野県 元気づくり支援金事業に採択されました。

今年度も「長野県 地域発 元気づくり支援金」の支援を受けて、医療者とふれあう健康講座「まんまる◎広場」を開催できることになりました。
長野県が推進する「信州ACEプロジェクト」の趣旨に沿って、ACT・CHECK・EATに関係する健康講座を開催いたします。
今年度からは、安曇野市、塩尻市にも輪を広げて、県民の皆様の健康に直接貢献できる機会を増やしてまいります。

■講座内容予定(案) ※日時、講師および内容は変更されることがあります

◆日 時:8月25日(土)
◇場 所:塩尻市
◇内 容:「(EAT ACT)生活習慣病 食事と運動を見直す」 糖尿病内科医師
     「(CHECK)検診と健診 特にがん検診について」 保健師

◆日 時:9月1日(土)
◇場 所:安曇野市
◇内 容:「(CHECK)フレイル、ロコモって何だろう?」 整形外科医師
     「(ACT)フレイル、ロコモ予防体操」 理学療法士
     「(EAT)オーラルフレイル」 歯科衛生士

◆日 時:10月7日(日)
◇場 所:松本市 ※そば祭り期間中
◇内 容:「(ACT)からだ作りの基本」 健康運動療法士
     「(CHECK)実年齢と健康年齢の差を調べよう
       骨密度測定や肺年齢、血管年齢、肺年齢などの測定‐」

                             臨床検査技師、保健師
     「(EAT)健康食材 信州の蕎麦にちょい足し栄養アップ」 管理栄養士

◆日 時:1月26日(土)
◇場 所:松本市
◇内 容:医師会、大学、病院などの医療関係者、医学生、行政関係
     「健康について考える(市民参加ワークショップ)」  
     ・信州ACEプロジェクトの内容ACT・CHECK・EATに沿って自分の
      実践習慣を紹介したり、他人の事例を聞き共有する
     ・医療者からの生活習慣アドバイス
     ・健康標語を作成

【主催】信州メディビトネット
    E-mail hello@medibito.net (信州メディビトネット事務局)
    『信州健康の森 まんまる◎広場』 https://medibito.net/kenmin/

このページのトップへ↑

映画「みつばちと地球とわたし」上映会&みつばちと花のトークセッション in 松本

~みつばちや花を大切に想い、地域を考える~

自分自身のこと、大切な人のこと、わたしたちの街や地域のこと、大切な未来を、一緒に考えてみませんか。

◆日 時:2018年7月29日(日)14:00(開場13:30)~16:20

◆会 場:松本市勤労者福祉センター 大会議室
(松本市中央4丁目7-26)
   ※イオンモール松本、松本市美術館のすぐ近くです。
   ※駐車場が狭いため、車でのご来場の際は近隣の有料駐車場等をご利用ください。

◆募集人数:100名

◆参加料金:※ 大人
      ・前売り券:1,500円(花の苗または種のお土産付)
    ・当日受付:2,000円
  ※ 学生:1,000円(前売り・当日受付共に)
  ※ 小学生以下:無料
  (イベント経費との差額は、NPO法人信州ひねもす活動支援への寄付とさせていただ
きます)

◆お申込み:前売り券は、次の店舗にてお求めいただけます。
 ・「ジュレ・ブランシュ」(松本市大手2丁目・今町通り)
 ・「信州蜂蜜本舗」(松本市中央1丁目)
 ・「グローカルフーズ・ネーブル」(安曇野市・穂高駅前)
 ・「カフェ やまぼし」(松本市会田・旧四賀村)
  または、信州ひねもすにおいても事前申込を承ります。
  江草 090-3424-0738 ( ※できるだけショートメールにてご連絡願います)

◆主 催:NPO法人信州ひねもす
◇特別協力:一般社団法人ソマミチ
      松本みつばちプロジェクト
◇協 力:ジュレ・ブランシュ(GeleeBlanche)
    株式会社信州蜂蜜本舗
    グローカルフーズ・ネーブル(Glocal foods NAVEL)
    カフェ やまぼし
◇後 援:松本市教育委員会
    信州花フェスタ2019実行委員会

◆お問合せ先:NPO法人信州ひねもす 江草(090-3424-0738)

◆内 容
(1)ドキュメンタリー映画「みつばちと地球とわたし」上映会(約90分)
 日本各地をはじめ世界各国でみつばちの大切さを訴え、彼とかかわる皆からは新たな気づきが芽生えると絶賛される養蜂家・船橋康貴氏。食糧や環境の循環とそれを支えるみつばちへの彼の想いを追いかけます。地域や教育の面からも、私たちの行動のヒントが凝縮されたドキュメンタリーです。
(2)ミツバチと花のトークセッション(約40分)
 みつばちと花を入り口に、緑化や里山、地域づくりについて、自分たちのできること、子どもたちとできること、地域としてできることを考えます。松本地域発の、地域に根差した大きな目線でのセッションにご期待ください。

◇トークセッション出演者プロフィール
【 原 薫 (はら かおる)】
株式会社柳沢林業 代表取締役。静岡県井川の森林組合での経験を経て、長野県にて林業に従事。20代で狩猟免許を取得し、長野県フォレストコンダクターの資格を持つ。2016年3月、全国の農山漁村地域の次世代リーダーとして期待され「農山漁村男女共同参画優良活動表彰」の最高賞・農林水産大臣賞を受賞。木を使う社会の仕組みをつくる「一般社団法人ソマミチ」代表。

【 井上 博文 (いのうえ ひろぶみ)】
株式会社井上 常務執行役員。ニューヨークの日系百貨店での経験等を経て、明治18年創業で松本平の老舗百貨店「井上」にて手腕を振るう。地域社会との連携や環境への取り組みにも熱心で、「松本みつばちプロジェクト」を立ち上げ、百貨店屋上にてミツバチの巣箱を設置。そこで採取した蜂蜜と地域との連携による地元特産品の開発や地域活性化にも尽力する。

【 江草 岳 (えぐさ たかし)】
NPO法人信州ひねもす 理事長。松本平を中心に環境保全活動や環境教育、および地域活性化や環境関連イベントを行う「信州ひねもす」を発足。同NPOでは、特に、食糧や環境に重要な役割を果たすミツバチを大切に思う心を育むため、街に花を増やす活動と共に、保育園や各種イベントでの環境教室、学生との環境セッション、シンポジウム等を開催している。

■松本市勤労者福祉センター

このページのトップへ↑

里山クラブ山友 トレッキング

里山クラブ山友第4回トレッキング
展望と草原の山八子ヶ峰

蓼科山の西山麓にあり、白樺湖と蓼科高原にはさまれた草原とのびやかな丘陵の山で、誰でも手軽に楽しむ事が出来る展望と花の世界です。今回は白樺湖側の八子ヶ峰公園から登ります。

◆日 時:2018年7月24日(火) 午前8時30分集合

◆集合場所:小坂田公園駐車場

◆行 程:小坂田公園8:30=八子ヶ峰ホテル10:00→八子ヶ峰中央峰11:45~12:45→八子ヶ峰ホテル14:00=小坂田公園駐車場15:30

◆持 物:昼食、雨具

◆参加費:交通費実費
※申し込み締め切り7月21日まで。

◆申し込み先:090-5814-5174(上條 八千子)までショートメールでお願いします。

■小坂田公園駐車場

このページのトップへ↑

「旧町名から学ぶ松本のまちの成り立ちと発展」

☆松本のまちづくりを考える女の101人会議 創立30周年記念事業☆

松本の旧町名碑巡り講座
「旧町名から学ぶ松本のまちの成り立ちと発展」

 400年を超える城下町松本に名残りをとどめる「町割り」と、その「町名」。
市立博物館と協働で作成した《松本旧町名碑マップ》をテキストとして、江戸時代から昭和30年代まで使われてきた旧町名の現地を訪れ、これからも語り伝えていくために、まちの成り立ちと発展について全4回のシリーズで学びます。
 博物館の学芸員とご一緒に、城下町の「宝もの」を探しましょう。

◆第1回 6月20日(水)
内 容:城下町の形成から発展
コース:武家地(城下町北部)

◆第2回 7月18日(水)
内 容:城下町の暮らしと文化
コース:町屋(城下町南・東部)

◆第3回 9月19日(水)
内 容:城下町から近代都市へ①
コース:城下町東縁部(あがたの森周辺)

◆第4回 11月14日(水)
内 容:城下町から近代都市へ②
コース:城下町南西縁部(松本駅周辺)

◇開催時間 午後1時~4時半
(座学60分、ウォッチング120分後茶話会)
◇開催場所:松本市市民活動サポートセンター(大手3-8-13 TEL:88-2988)
◇講師・ご案内:第1回=赤羽裕幸 博物館学芸員、101人会議メンバー
◇アドバイザー:窪田雅之(重文)馬場家住宅館長

【参加申し込み】
◇定 員:15名(定員になり次第〆切、1回ごとの受講もできます)
◇参加費:無料
◇連絡先:小林(TEL) 050-7115-2374

【主催】松本のまちづくりを考える女の101人会議
【共催】松本市立博物館

このページのトップへ↑

第32回 ふれあいサロン 夏

~市民のみなさん、ぜひおこしください~

○販売交流会 10:30~12:50
 販売物…参加施設の自主製品お弁当、手作りクッキーやお菓子、パン、
     クラフト品、他

○ふれあいコンサート 13:00~14:00
 小松規美子さん(ムジカコンパス所属)と一緒に楽しく歌いましょう。
 どなたでも自由に参加できます!一緒に楽しみましょう。

◆日 時:平成30年7月12日(木)10時30分~14時

◆場 所:松本市市民活動サポートセンター(大手事務所2F)

◆主 催:ふれあいマーケット事務局

◆協 力:松本市市民活動サポートセンター・松本市障害福祉課

◆お問い合せ:
 ・ふれあいマーケット事務局(NPO法人てくてく) 松本市元町2-7-13
  TEL&FAX:0263-34-0611
  E-mail : info@npo-tekuteku.jp
 ・松本市市民活動サポートセンター 松本市大手3丁目8-13松本市役所大手事務所2F
  TEL&FAX:0263-88-2988
  E-mail : support-center@support-center.jp

◆ふれあいサロン今後の予定:12月13日(木)、2019年3月14日(木)

■松本市市民活動サポートセンター

このページのトップへ↑

プラチナサロン

プラチナサロン
7月12日(木)

◆午前の部 
10:00~12:00
「ザ・相撲」頑張れ、御嶽海!
 その他、雑学で笑い満載!
 講師:杉山克己(プラチナサポーターズ松本)

◆午後の部 
13:00~14:00
ふれあいサロンに参加
 一緒に歌いましょう。

14:00~15:00
交流会

◇気軽にお出かけください。お待ちしています◇

◆会 場:松本市市民活動サポートセンター

◆参加費:300円(お茶代)
※午前・午後通しで参加される場合は、昼食をお持ちください。

◆主 催:プラチナサポーターズ松本
     松本市市民活動サポートセンター

◆問い合わせ・申し込み先:松本市市民活動サポートセンター
             TEL 0263-88-2988

■松本市市民活動サポートセンター

このページのトップへ↑

ページ移動